Blog

ユースジャズキャンプin金沢【最高の3日間】

2022年4月1日 更新


金沢市にて行われたユースジャズキャンプに今回講師として参加させていただきました!

会場は廃校となった小学校。

現在の名称は「金沢市俵芸術交流スタジオ」となっています。

校門付近に記念碑がありました

講師陣にはゲント王立音楽院ジャズ・ポップ科教授のマールテン・ウェイレル先生をはじめとするヨーロッパからのオンライン講師と尚美ミュージックカレッジ専門学校の講師、都内若手ミュージシャンが現地講師として参加。

体育館で活動中の様子

3日間という短い時間でありながら、常に充実した時間が流れ、あっという間に周りが暗くなっているという感じでした。

ピアノ楽器別クラスの様子

今回私は、ピアノ楽器別クラスやアンサンブルクラスを担当させていただきました。

レッスン中の様子

受講生の皆さんが一人一人情熱に溢れ、どんどん進化していく姿には心打たれました。

講師陣の皆さん

ギターの久保田先生、トロンボーン西村先生とは今回初めてお会いしましたが、お二人とも素敵なお人柄とプレーで受講生たちからの信頼も大変厚く私もたくさん学ばせて頂きました。

そして国音時代にお世話になった後輩の二人も、確かなプレーで先生としての貫禄を感じました。

久しぶりに一緒に音を出せて楽しかったなあ…

楽器別クラスで授業をする佐藤洋祐先生

今回のメンバーでここ最近、1番お会いしていたのがサックスの佐藤先生でした。

千葉でのライブでは月に数回レギュラーでご一緒する機会があり、今後もスケジュールがいくつも決まっています。

ただこうして、千葉を大きく飛び出した地でご一緒することは今まで無かったのでなんだか不思議な感じでした。

洋祐さんともお話ししましたが、ジャズ界にも不思議な素敵なご縁がありますね〜!

オンライン授業の解説をされる大井先生

大井先生にも今回初めてお会いしました。

素敵なお人柄で現在尚美ミュージックカレッジ専門学校でも中心で動かれているとのことで過去のジャズキャンプにもご参加されていました。

プレイヤーとしても講師としても経験豊富な大井さんには局面局面で助けていただき大変有難かったです。

講師陣と受講生が混ざってセッションする様子

今回特に感じたことの一つとして、NPO法人金沢JAZZ連盟様の手厚いサポートが本当に素晴らしく驚きました。

授業を行う環境も音大や専門学校に劣らないレベルで用意され、教える側として全くストレスなく3日間を過ごすことができました。

そして受講生の皆さんの素直で真っ直ぐ音楽を学ぶ姿勢にも心打たれました。

この素晴らしい企画は今後も続いていくということでしたので、北陸付近の皆様は是非チェックしてみてください。

スタッフの方が「隠し撮りしました笑」と送ってくださった写真

この場をお借りしてご一緒いただいた講師の皆様、NPO法人金沢JAZZ連盟の皆様、スタッフの皆様、そして受講生の皆様に心より感謝申し上げます。

お土産で買ったクラフト酎ハイ

あと食べ物のレベルが段違いで高くてびっくりしました!

1日目の夜ご飯のお寿司

食べ物の話だけで記事がいくつも書けてしまいそうなくらいです笑

なんか先生っぽい写真😂

金沢!また訪れることができますように!

新学期も頑張って活動して参ります!